2014年03月22日

Catwalk練習日記 その@

3月も下旬になり、ようやく春めいた日が顔を出すようになりました。
4月から消費税が8パーセントになる影響でしょうか、皆さん駆け込みのお買い物をされる影響でしょうか、仕事の方は例年以上に忙しく、引越しのシーズンも合わさり、職場は火の車状態が続いております。

先日、奈良でohtaさんのバーコウィッツオフがあり、大変お世話になりました。
今回も素晴らしいギターを沢山弾かせて頂きました。
近場でこういう機会を頂けるのは本当に有難い事で、楽しい時間と多くの学びを頂きました。
皆さん、本当にありがとうございました。
月末にはy@maさんオフが大阪で行われる予定ですが、今回はFujiiさんの出来立てほやほやnewギターを弾かせて頂けるとの事で、ワクワクしております。
皆さん、また宜しくお願いいたします。m(__)m

さて、今回はギターの練習について。
10年ほど前になりますが、レンボーンさんの「Catwalk」という曲を必死に耳コピーした事がありました。
採譜したものは楽譜として保管してありましたが、ほぼ10年近く弾いていなかったので、完全に忘れており、私としてはまた一からのスタートとなります。
そういう訳で、練習の記録として残しておこうと思い、これを書いております。

この曲は大きく3つのパートに分かれています。
こういう曲の場合、それぞれパート別に練習するのが良いと思います。
以前採譜した事があるのでナメていた訳ではありませんが、チョロチョロと弾いてみて笑ってしまうくらいの強敵でした。(笑)

楽譜を見ながら弾いてみたのがこれです。

はっきり言って、最悪です。
演奏面は勿論ですが、ノリも何もない、ただ弾いただけの演奏です。
ただ、この時点ではまだそれに気付いていません。
この録音を聴いて初めてその酷さに気付き、改めてオリジナルの演奏を聴きなおしました。
しかし、こういうのが一番やっかいで、演奏面(テクニック的な面)ならば練習すると言う道があるのですが、ノリや表現という事になると、自分で道を探るしかありません。


何回かオリジナルを聴きなおして、とりあえず、テンポの修正、音の切り方や伸ばし方、シンコペーションやタメ・・・etc.
感覚的な部分もあるので難しいのですが、自分が感じた部分を修正して弾いてみたのがこれです。



練習方法としてどれだけの効果があるのかは分かりません。
ただ、昔はがむしゃらに弾くことが練習と思っていましたが、こうして自分の演奏を録音したものを聴く事で、見えなかったものが見えてくるのも事実だと思います。
もし練習で苦労されている方で共感される事がありましたら、是非自分の演奏を録音して聴いてみてください。
そこから学ぶ事は沢山あると思います。

私もまだまだ先は長いですが、頑張れ!俺(笑)



posted by gonbe at 23:10| Comment(12) | おと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。