2012年06月23日

おふ、part.3


今回、集まったギターは計12本+エレガット。
スタジオ内にならべられたギター・・・
眺めるだけでも壮観ですが、楽器店に並べられたギターと違い、
1本1本に持ち主の思いがこめられていることで、全く違った素晴らしさを感じました。

さて、私は今回、皆さんの演奏や試奏風景をマイクに収める事で、
皆さんのギターはどんな風に聞こえるのか、また日頃のマイク録音にプラスになる発見があればいいなぁという思いで、
録音の為のPCにへばりつきのつもりでおりました。
しかも、皆さんの生演奏をPA付きで聴ける・・・なんて贅沢なオフだ・・・こんな事を勝手に企んでおりました。

がぁ、しかしぃ・・・

いつのまにか、同じ曲を同じ奏者でギターを変えて弾くとどう聞こえるのか?・・・
に変わっていました。
しかも、弾くのは、わたし・・・らしい

「ぐゎ〜〜ん・・・まさか・・・心の準備が・・・最近弾いてないし・・・どうしよう(T_T)」
でも、ギター好きとは面白いもので、次の瞬間頭に浮かんだのは、

「何弾こう?」

で、撃沈。


そういう訳で、光栄にも12本のギターを順番に弾かせていただきました。
こんな機会はそうあるものではないでしょう。
今でもそれぞれのギターの感覚が残っていますし、忘れられない経験をさせていただきました。
ただ、下手っぴーなのは仕方ないにしても、チューニングが甘いまま弾いてしまったり、
Fujiiギターだけ1音下げになっていたりと、私のミスも重なり、
もっと上手く弾けたら良かったなぁ〜と悔やまれます。


お昼ご飯の休憩を挟み、録音は続きます。
ちなみに、昼食メニューはイスタンブールというお店のトルコライス。
名物という事で全員が同じものを注文。
内心、ちょっと笑う。(^。^)

さて、曲を弾き終わり前を見てびっくり。
gさんが来てくださってました。
数年ぶりにお会いできて、本当に嬉しかったです。
ご挨拶もそこそこに、まだ弾いてます。(笑)


12本の録音を終え、私は楽しみにしていた皆さんの演奏を録音させて頂きました。
sさん、mさん、Yさん、yさん、Sさん・・・とマイク(ステージ)に上がっていただいて、2曲ほどずつ演奏していただきました。
生音の演奏も私は聴いていて凄くよかったのですが、PAを通した演奏も、これまたしびれる位感動しました。
また、ルシアーのFさんがPA無しで軽く弾かれているのもこっそりと聴かせて頂きましたが、これも心に染みる素晴らしい演奏でした。
これは私の個人的な考えですが、私がギターを作っていただくとしたら、ギターの知識や製作の技術は勿論ですが、
やはり、それと同じくらい弾く側の事をより良く理解して下さる方のほうが、自分の考えを伝えやすいと思いますし、
出来れば同じ様な音楽を演奏されているルシアーの方がいらっしゃったら最高かも・・・そんな事を考えました。


楽しい時間はあっという間です。
お時間の都合で先に帰られる方をエレベーターまでお送りさせて頂きましたが、心の中ではまたお会いできますように・・・
そんな感謝の気持ちでいっぱいでした。
その後、駆け足で忘れていたギターの写真を撮ったり、ギターを弾かせていただいたり。
もう少し時間が欲しかったですが、やっぱりあっという間ですね。
後片付けと車への機材の積み込み、ロビーでの手続き等を終え、皆さんとお別れです。

皆さん、本当にありがとうございました。
また、粗相をしでかしたり失礼な事もあったと思いますが、どうかおゆるしくださいませ。
またお会いできますように。
重ねて御礼申し上げます。




では、本当にお待たせいたしました。
今回皆さんがお持ちくださったギターをご紹介します。(演奏順)


The Fields F Cutaway '87(お写真、HPからお借りしました。ごめんなさいm(__)m)
Top:Spruce
Side:Maple
Back:Maple+Jacaranda
Strings:ERNIEBALL / Earthwood 80/20 Silk & Steel Soft '12/6/9



Somogyi SJ Cutaway '97
Top:German Spruce?
Back&Side:koa(単板)
Strings:Godin phos-light '12/6/10



Somogyi SJ Cutaway '04
Top:Europian Spruce?
Side:Jacaranda(ラミネート)
Back:Jacaranda(単板)
Strings:Godin phos-light '12/6/10



Furuya A-500C '06
Top:Europian Spruce?
Back&Sides:Rosewood
Neck:Mahogany
Strings:D'Addario EJ16 '12/6/9



Furuya A-500C '05
Top:Englemann Spruce
Back&Sides:Indian Rosewood



Fujii SJ '08
Top:Spruce
Back&Sides:Indian Rosewood
Neck:Mahogany



Yokoyama AR-GB '07
Top:German Spruce
Back&Side:Brazilian Rosewood
Neck:Mahogany 1P
Strings:SIT (Stay-In-Tune) Royal Bronze Tokio Uchida Signature Set



Lakewood M-32 Cutaway AER '96
Top:Europian Spruce(ネットで出てくる仕様)
Back&Sides:Rosewood
Neck:Mahogany
Strings:Martin MEC12 '12/6/6



Baranik '07
Top:German Spruce
Back&Side:Brazilian Rosewood
Neck:Mahogany
Strings:Elixir nano phos-light '12/6/9



Fernandes FW-??0
Top:ジャーマン or アラスカ スプルース
Back&Sides:Jacaranda or Rosewood
Neck:くるみ
Strings:D'Addario EJ11 '12/6/9



Larrivee L-10 DX '79
Top:Sitka Spruce
Back&Sides:Rosewood
Neck:Honduras Mahogany
Strings:MARQUIS M-2100 '11/2/9



S.Yairi YD-505 '83〜'85ごろ(後列左のギターです。集合写真でごめんなさいm(__)m)
Top:シダー
Back&Sides:マホガニー
Neck:メイプル&マホガニー5プライ
Strings:Galli LS20 phos-light '12/6/10




(曲は「Abide With Me/Great Dreams From Heaven」)


posted by gonbe at 03:31| Comment(37) | おと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
編集作業お疲れ様でした。

 改めて聴かせていただきますと、ある程度以上なっているギターでは、音色の好みの問題だな、と感じます。(ネックの握り心地も大きな判断基準ですが)
 ただ、自分の好みの音がどんなのかが判るのは難しいのですが。
 私の最近の好みは、dark & sweetの音色です
(以前からですよね・・・)

 うーむ、バラニックいいなぁ・・・
Posted by mifu at 2012年06月23日 11:13
本当にお疲れ様でした!

この動画はお宝ものですm(__)m

動画紹介させて頂いてもいいですか?

これ、多くの人がギターを買う時、そして
自分の好みの音を探す時にもすごく役立つと思います。

本当に素晴らしいです!



Posted by ササン at 2012年06月23日 15:28
mifuさん、ありがとうございます。
仰るとおりで、本当に好みの問題だと思います。
最近のフィンガーを意識したギターも魅力的ですが、長い間弾き込まれたギターには独特の鳴りがあるように思いましたし、どれも素晴らしいギターでした。
dark & sweet・・・といえば、ファイルドがドンズバのイメージがあります。
あの時は弦が確か黄色い弦だったと思いますが、あの音は今でもよく覚えていますよ。(*^。^*)
Posted by gonbe at 2012年06月23日 22:44
ササンさん、ありがとうございます。
実際に弾いて感じる事にくらべると、録音された音から得られる情報量は少ないと思いますが、それでも何かのお役に立てれたら本当に嬉しく思いますし、皆さんに参考にして頂ければ、オーナーの方々も喜んでくださると思います。
よろしくお願いいたします。(*^。^*)
Posted by gonbe at 2012年06月23日 23:05
gonbeさん
編集&アップロードありがとうございました。
お陰様で大変勉強になります。
現場では細かいところまでは分からなかったのですが、こうして音源化していただくとさらに良く分かりますね。

随分後ろで話していて大丈夫だろうと思っていたのですが、予想以上に声が入っていてビックリするやら申し訳ないやら・・・。m(_ _)m

今回のようなマイク録りでは、少し古い設計のギターに歩があるような感じですので、ピックアップを含めたシステムでもやってみたいところですね。^^
Posted by よしだ at 2012年06月23日 23:23
よしださん、こちらこそありがとうございました。
いえいえ、私としてはそういう声が入ってくれた方が有難かったですし、実は、演奏前後のカットした部分に面白い話がいっぱい入ってて、これは個人で楽しんでます。(笑)
ピックアップ・・・それは面白そうです!
私も以前はピックアップ派でしたが、最近のものは全くわかりませんので、いろんなピックアップシステムの音を実際に聴く事が出来たら本当に勉強になります。
また楽しみが増えました。是非!m(__)m
Posted by gonbe at 2012年06月23日 23:48
聴かせていただきました。編集作業、さぞかし大変でしたでしょう。すべてのギターがgonbeさんのピッキングの素晴らしさの恩恵を受けているんでしょうね。
盛会のご様子が伝わってきて、楽しみました。

次回、またお声かけお願いします。
Posted by アコあこ at 2012年06月24日 07:47
アコあこさん、ありがとうございます。
オフ会は皆さんに集まっていただいたおかげと感謝でいっぱいです。
録音は私で良かったのかと恐縮しておりますが、貴重な経験をさせていただいて本当に喜んでおります。
ただ、少しくらい練習しておけばよかったと後悔もありますが。(~_~)
また次回実現出来ましたら是非、楽しみにしております。(^v^)
Posted by gonbe at 2012年06月24日 11:54
編集作業&UPお疲れ様です。ありがとう
ございます。それぞれのギターの個性が
表れていて興味深かったです。やっぱり自分の
好みは抜けてるクリーンな音なんだなぁって
痛感した次第です。
またこういう機会をぜひ作りたいですね。
これだけのギターが集まるんだから極端な話
有料でも参加したいって人居るんじゃないかなぁ。本当に濃い集まりで滅茶楽しかったです。
願望としては年内に2回目を是非♪
Posted by y@ma at 2012年06月24日 21:22
y@maさん、こちらこそありがとうございました。
録音を聴いてみると実際に弾いた時とは印象が違うギターもあったりして自分でも新しい発見がありました。
もう少しそれぞれのギターを弾きこんでから録音出来ていたら、また違った魅力が引き出せたかもしれないなぁ〜とちょっと思ったりしています。
年内にもう一度出来たらいいですね。
また考えますので是非!m(__)m
Posted by gonbe at 2012年06月25日 11:58
初めまして。ササンさんの所から飛んできました。

凄いですね〜。ただただ驚いています。

個人的には日本製のギターがかなりよくてホッとしました。

古谷さんや、フィールズ、藤井さんのは耳に残ります。個人的にで恐縮ですが、聞く限りでは、かなりフィールズがソモギ以上にいいなぁと感じました。藤井さんのも耳に残るいい音です。

勉強をさせて頂きました。UPありがとうございます。
Posted by 横浜ジローズ at 2012年06月25日 18:20
こんばんは!編集、本当におつかれさまでした!!
どれも凄く良い音で驚きました。やはり上手い人が弾くとうちのも良いなぁw
それぞれに個性があって優劣を付けるのは意味が無いですが、
音のくくりというか傾向は結構ありますね。
本当に面白いです。
また皆さんで集まる機会を作りましょうね。
うちもちょっと頑張ってみます〜
Posted by gara at 2012年06月25日 22:21
横浜ジローズさん、はじめまして。
ようこそです。(*^。^*)
私も個人的な感想を申しますと、日本人ルシアーのギターは数年ぶりに弾かせていただきましたが、良い意味で本当に驚きました。
自分のバラニックの印象との比較になってしまいますが、Furuyaギターは音の出方が大変よく似ていましたし、Fujiiギターはバランス、音の艶にたまらなくひきつけられました。
Yokoyamaギターには素晴らしい個性を感じましたし、このギターにしか出せない音という意味でも素晴らしいギターでした。
フィールズとS.Yairiは以前弾かせて頂いた事があったんですが、以前から良い音だなぁ〜とよだれがでてました。
またこんな機会が作れればと思っております。m(__)m
Posted by gonbe at 2012年06月25日 22:55
garaさん、ありがとうございました。
こんな形で弾き比べをさせていただいて、しかも録音が出来たというのは私にとって初めての経験でした。
出来上がったものを聴いてみても、新しい発見やギターの事を思い出したりして、大変貴重な経験になりました。
本当に皆さんのお陰と感謝でいっぱいです。
また是非機会を作りましょうね。(*^。^*)
Posted by gonbe at 2012年06月25日 23:36
gonbeさん、ありがとうございました。すみません。ようやく音源のアップに気がつきました。
あの時の感動が蘇ってきます。それにしてもgonbeさん、初めて弾くギターが大半だったと思いますが、まるでいつもの自分のギターのように簡単に弾いておられて、それだけで感動してしまいました。ただ、ご自分のバラニック以外は、少し遠慮があるような感じでアタックがやや弱いように感じました。
個人的には、やはりバラニックですかね(生音の方がもっと良かったような気がしないでもないですが・・)。同じような材構成で作られたギターでも明確に音は異なるものですね。いろんな要素がからむのでしょうが、それぞれのルシアーさんの性格も大きく影響しているような気がします。だから藤井さんはあんな音なんだな、彼の2012年版の音を聞いてみたいですね。
また、いつかどこかでお会いできるのを楽しみにしています。
Posted by ysscats at 2012年06月27日 19:36
gonbeさん
素晴しい音源、ありがとうございます。とても勉強になります。
個人製作家のかたのギターの音色の素晴しさとともにレイクウッドや自分のギターでもあるラリビー(ラリビーらしい音を感じました)などのメーカーのギターも生き生きとして聞こえやはりgonbeさんの腕を感じますね(笑)
それにしてもソモギの音色は好き嫌いは別にして以前から感じているのと同じ一聴してわかる倍音の個性を感じました。
これからの自分のギター探しのために是非活用させていただきたい音源だと思いました。
イベントやその後の作業等々本当にお疲れ様でした。
Posted by root7013 at 2012年06月27日 22:30
ysscatsさん、オフ会では大変お世話になり、ありがとうございました。m(__)m
ギターは見た目以上に弾いた時の感触が違っていて、また弦の違いでも結構弾き心地は変わるものですね。
私も、皆さんの素晴らしい演奏を聴かせていただいて、いろいろと学ぶことがあり、勉強になりました。
ルシアーさんのギターをいろいろと弾かせていただいて、(ギター全般に言えることですが)同じ素材でも全く違う音がするのですが、同じルシアーさんのギターはやはりそのルシアーさんの音がするんだなぁ〜と改めて思いました。
藤井さんのギター、私ももっと弾いてみたいとおもいました。
これからも楽しみなルシアーさんだと思います。
また機会がございましたら、是非お付き合いくださいませ。
ありがとうございました。m(__)m
Posted by gonbe at 2012年06月28日 11:34
root7013さん、こちらこそありがとうございました。m(__)m
メーカーさんのギターは私自身馴染みがあるせいもあるのでしょうが、なにか懐かしくほっとする音色でした。
また年数が経過していることもあってか、それぞれ本当によく鳴っているギターばかりでした。
ソモジさんのギターは仰る通り、独特の鳴りがあり、大変勉強になりました。
もっと時間をかけて弾き込むともっといろんな発見があるのでしょうね。
また弾かせて頂ける機会があると嬉しいですが・・・(*^。^*)
ありがとうございました。m(__)m
Posted by gonbe at 2012年06月28日 11:59
質問です。

弦はどこのメーカーのが多かったのでしょうか。
Posted by 横浜ジローズ at 2012年06月28日 13:33
私の持ち物の弦を紹介しておきます。
後ろの数字は交換日です。

Lakewood M-32 Martin MEC12 '12/6/6
Fernandes FW D'Addario EJ11 '12/6/9
Furuya A-500C D'ADDARIO EJ16 '12/6/8
Larrivee L-10 MARQUIS M-2100 '11/2/9
Posted by よしだ at 2012年06月28日 20:53
Fieldsの弦です

ERNIEBALL / Earthwood 80/20 Silk & Steel Soft
交換したのは'12/6/9です。

 張りたてなのに、すでに落ち着いた音という不思議な弦です(あたしゃ、けっこー好きですが)。
 なかなか売ってないんだよなぁ

Posted by mifu at 2012年06月29日 06:38
よしださん、mifuさん、ありがとうございました。参考にさせて頂きます。

交換日まで書いてくださりありがとうございます。

>よしださん

レイクウッドとフルヤギターの音が好きです。

>mifuさん

このフィールズの音好きです。というよりビックリしました。こんなにいいんだと・・・。
Posted by 横浜ジローズ at 2012年06月29日 09:02
バラニックの弦です。

エリクサー・フォスフォア・ナノ、ライトゲージ
12/6/9交換

横浜ジローズさん、うっかりしてて、皆さんの弦をお聞きするのを忘れてました。(^_^.)

よしださん、mifuさん、フォローありがとうございました。m(__)m
Posted by gonbe at 2012年06月29日 09:17
>gonbeさん

ありがとうございます。

弦とのマッチングも面白いですね。

私は自分のギターには、トマスティックとレンツァーを張っています。

ギターは国産思考ですが、弦は国産品は見かけませんね。ギター弦をカスタムで作る工房が存在していますが、一般的な国産弦は見かけませんね。国産ブランドの弦はたくさん出ていますが、国内生産品は見かけません。

http://sirdlaboratory.web.fc2.com/
いずれオーダーしてみたいなと思っています。


Posted by 横浜ジローズ at 2012年06月29日 14:31
よしださん

情報ありがとうございます。
手持ちが尽きかけているので、さっそく注文してみます。
Posted by mifu at 2012年06月29日 23:19
こんばんは
505の弦は galli LS20 フォスファーライトです。
当日張り替えなので安定しませんでしたね。
505はexライトでよりシダーらしいほっこりした響きが出せるのも好きなところ。
ご存知のようにうちは実験サイトの側面もあるので、
出来るだけいろんな弦を使うようにしています。
その内これまでに使った弦もひとまとめにしてペ−ジ作ろうかと幾星霜…。
(箱の撮影がめんどくさいんだよな〜)
Posted by がら at 2012年06月30日 01:23
横浜ジローズさん
弦もたくさん種類があって弾き心地や音色も微妙なものから大きく変わるものまでいろいろあると思いますが、それにしてもいまだに初めて知るメーカーの弦がいっぱいあって驚きます。(#^.^#)
情報ありがとうございました。m(__)m
Posted by gonbe at 2012年06月30日 15:52
garaさん、フォローありがとうございました。
galliは聞いた事があります。
昔はいろいろな弦を試した事もあったんですが、これもやり始めると結構深いですよね。(笑)
また弦のページ作ってください。
garaさんのサイトは写真も大変綺麗で解説も面白く読めるので是非楽しみにしてます。(#^.^#)
Posted by gonbe at 2012年06月30日 16:04
ソモギは2台ともGODINのフォスファー
ライトゲージです。通常はクリアトーンの
フォスファーライトゲージを張って居ますが
前夜酷使した所1夜にてお亡くなりに。
一応コート弦なんですけどねぇ。
と言う訳で張り替えたのは録音の1時間程前
でした。
Posted by y@ma at 2012年06月30日 16:56
追伸です。
GODINの弦はエンドボールの配色が
ダダリオとまったく同じなので同じ弦である
可能性も有ります。
Posted by y@ma at 2012年06月30日 16:58
y@maさん、フォローありがとうございました。
Godinの弦ですか・・・これまた知りませんでした。
クリアトーンは三木でも手に入るようになって、何度か使ってみましたが、ノン・コートとの差が分からないくらいですよね。
ブログのギターのところにそれぞれの弦を追記させて頂きますね。m(__)m
Posted by gonbe at 2012年06月30日 21:40
yokoyamaはmifuさんに名前を笑われたSIT (Stay-In-Tune) Royal Bronze Tokio Uchida Signature Setです。打田TABで購入しているのですが、Signatureといいましても単に1弦が.013とミディアム仕様になっているだけなのですが・・・しかも今回プレーン弦が錆びていて、同時に張り替えたラリビーのオールコアとあわてて1, 2弦を交換したというおまけつきです。ただ、ブランド名が示しているようにtuningの安定性は、以前、使っていたJohn Pearceよりは良いみたいですね。
Posted by ysscats at 2012年07月02日 13:20
情報ありがとうございます。

「GODINの弦」というのは知りませんでしたので、大変勉強になりました。

 SITは注目はしていましたが、実際に使用したことはございませんので、機会があれば使用してみたいと思います。打田さんのシグネイチャーがあることも知りませんでした。

 一番大切なのは、ギター本体とはいえ、弦も音を構成する重要な一部分だと思います。しかし・・・、弦はたくさんありますねー。ありすぎて埋もれてしまいそう(笑)。
Posted by 横浜ジローズ at 2012年07月02日 21:36
ysscatsさん

hは入ってなかったんですね。失礼しました。

つい、下品な方に連想が行ってしまいました。
Posted by mifu at 2012年07月02日 22:58
ysscatsさん、フォローありがとうございました。m(__)m
SITはまだ使ったことがありませんが、打田さんのシグネイチャーがあったんですね。
しかも1弦が.013とは気づきませんでした。
チューニングが安定しやすい設計なんですね・・・本当にいろんな弦があるんですね。勉強になりました。
またブログの方に情報を追記させていただきます。
ありがとうございました。m(__)m
Posted by gonbe at 2012年07月03日 10:13
横浜ジローズさん
おっしゃる通り、本当にたくさんの種類があって、自分に合う弦を探すのも大変ですよね。
結構、目移りもしますし・・・(笑)
今はどうしても慣れと弾きやすさを重視して弦にまではあまりこだわりがなかったんですが、いろんな弦を経験出来て、また勉強できました。
ありがとうございます。m(__)m
Posted by gonbe at 2012年07月03日 10:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。