2012年08月25日

りはびり中・・・

今日は休日。こうして休みを自由に過ごせるのはありがたいですね。
こういう感覚をしばらく忘れていたような気がします。
昨日は仕事が早出にもかかわらず、トラブル続きで22時過ぎまで拘束され、「明日はギター弾いてやるっ!」という思いだけで耐えていましたが・・・あ、どこかで書いたようなセリフですね。(^^ゞ
そういうわけで、今日は昼間に用事を片付けた後はフリー!(^^)!、まったりとギターをさわっておりました。

ギターは今日がリハビリ?2日目ですが、やはり先日と同じで、あっという間に時間が過ぎてしまって、まだまだ物足りない状態ですが、指の方は痛いのは乗り越えて、すこしずつ硬くなってきました。
この状態で弾き続けていれば、やがてカチカチの指がすこしずつ柔らかくなってくるのですが、こうなればもう恐いものはありません。(笑)

さて、以前、「The Princess And The Puddings」というレンボーンさんの曲をアップした事がありましたが、あの時はサイレントギターを使ったのと、映像無しの動画でした。
リハビリにはちょうど良い機会とも思いまして、再度録りなおしてみました。
もともとは「The Hermit」に収録されている曲ですが、「The Nine Maidens」というアルバムにもRemy Froissartさんとのギターデュエットとしてリアレンジされた曲「The Fish in the Well」が収録されています。
私はこのアレンジが大好きで、高音部の切ない感じとそれを支える低音部の絡みが心を揺さぶります。
当然私には無理な話ですが、ただ、原曲を2カポで弾いてみると、ちょっとだけその雰囲気が味わえるような感じがずっと前からしていたので、実験も兼ねて弾いてみました。
ただ、けっこうしんどいですけど・・・(笑)





posted by gonbe at 21:32| Comment(6) | おと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
確かに弾いてない日が続いたあとの休日は用事を済ます前にギターを手にしてしまうとあっという間に日が暮れてしまうのでじぶんも注意しています(^_^;) それにしてもなんともいえず味わい深い世界ですね。バロック音楽や古楽(特にリュートの世界に近い感じが・・・)の味わいが感じられます。実はレンボーンさんの「ハーミット」、じぶんも持ってるのですがgonbeさん、全然負けてませんよ^^; (こういう世界に近いものが好きでリュートを買ったこともありますが挫折しました 笑) じぶんは普段アコギならではの限界を感じることもあるのですがいやいやまだまだ可能性があるなあと思いました。
Posted by root7013 at 2012年08月26日 01:48
root7013さん、コメントありがとうございます。(*^。^*)
レンボーンさんの音楽はバロック調の曲を聴いて衝撃を受けた事から始まりましたが、聴けば聴くほど深みにはまると言うのでしょうか、私にとって心を揺さぶる音楽でした。
彼は他にもいろんなジャンルの音楽を弾かれていますが、ブルースやジャズ系の曲も素晴らしい曲が沢山あり本当に幅の広いギターリストだと思います。
少しでも近付きたいと思い練習するのですが、弾けば弾くほど彼の懐の深さを思い知る毎日です。(~_~;)
Posted by gonbe at 2012年08月26日 09:21
お疲れさまです!
連日の暑さと仕事の激務にお疲れでていないでしょうか?

昨日日記より一足お先に動画を拝見しました。
やっぱりgonbeさんの演奏素敵で
聞き入ってしまいました。

また、ご一緒出来る日を楽しみに私も練習に
励みたいと思います!

Posted by アラフィフおやじ at 2012年08月26日 10:05
 このギターにはこういう端正な曲がぴったりですね。すばらしい演奏です。
 学生の頃、よく弾いていた曲ですが、いいかげんな完成度で満足してました。
 精進します。
Posted by mifu at 2012年08月26日 22:58
ササンさん、ありがとうございます。(*^。^*)
本当にヤバイ時は一日寝てる事もありましたので、ギターが弾けるだけ元気も回復しているようです。
ササンさんもお仕事大変だと思いますが、どうかお体大切にしてくださいね。
演奏はまだまだですが、曲の力がそう思わせてくれているのだと思います。
またお会い出来る時のために私も頑張って練習しますね。(*^。^*)
Posted by gonbe at 2012年08月27日 00:03
mifuさん、ありがとうございます。(*^。^*)
ギターとの相性、確かにあるかもしれませんね。
実は、ブルース系の曲も弾いたりしてるんですが、あまり気持ちよくないのです。
もともとギルドを長い間弾いていたのもあって、あの音が体に染みついているのかもしれませんが、多分、硬めの音のギターが欲しくなっているのかもしれませんね。(爆)
まだまだ課題は多いですが、いろいろやってみます。(#^.^#)
Posted by gonbe at 2012年08月27日 00:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。