2013年07月28日

pro tools・・・その後

こちらでは、先日、天神祭りがありました。
ここで花火が上がると、仕事の繁忙期も一段落・・・というのが例年のパターンです。
お休みの方もようやく週休2日に戻り、今日は久しぶりにゆっくりと自分の時間がとれました。

今日は、新しいPCでの録音の2回目となりますが、自分なりの感想などを少し・・・。

まず、profire 610に関しては、順調です。
以前お書きした「オカルト」現象も、今のところ起こりません。

DAWのpro toolsに関しては、PCの性能がアップした事もあり、起動も作業スピードも速く、まぁまぁなんですが、録音したトラックを最終的にステレオファイルにミックスダウンする作業(pro toolsでは、バウンスといいます)を行うと、結構な高確率でpro toolsがフリーズ?(応答がありません)してしまい、再起動しなければならない事が何度もありました。
以前のPCの時からそうでしたが、結構ナイーブというか、作業中にいろいろと起こることが多かったのですが、今回はバウンスする前に必ず上書き保存する・・・これ必要です。
こうすれば、再起動後、その状態から再スタート出来ます。

私の場合、録音した後、音量調整とリバーブ、必要に応じてイコライジングする位の初歩的な使い方しか出来ませんが、私が持っているMTRと比較すると、やはりクリアで、音の密度が濃いような感じがするのは気のせいでしょうか?
また、PCが新しくなって音が変わったような気もするのですが・・・気のせいだという可能性が大いにありますが(笑)

まぁ、使えればええです。(^^ゞ


Southern Exposure-Alex de Grassi (cover)



posted by gonbe at 01:31| Comment(4) | おと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 gonbeさんが弾くと、私とは違った感じになりますね。より、de Grassiっぽい感じです(私が弾くと、もっと低音が強調されます)。
 ちなみにあたしゃC#AC#F#BE(6弦から)の2カポで弾いてますが、gonbeさんはDBbDGAFですか?
 Alexはこの2者とも違うtuningのようですが・・・
Posted by mifu at 2013年07月28日 07:20
mifuさん、ありがとうございます。
私はDB♭DGCFの2capoで弾いていますので、mifuさんと同じですね。
最初にこれで弾き始めたので、別のチューニングで弾くのは結構大変かも(笑)
それにしても、最初のフレーズの6弦の処理が難しいです。
私には無理ですね。(>_<)
Posted by gonbe at 2013年07月28日 09:10
ギターの音確かに違うような感じがします。
以前のはもう少しダークな感じに聞こえたよな。
NEW PCでは澄み切ったサウンドに聞こえます。

ともあれ、こんな難しい曲をサラッと
弾かれるgonbeさん、素晴らしいです!
Posted by アラフィフおやじ at 2013年07月29日 17:25
ササンさん、ありがとうございます。
そうですよねぇ・・・(笑)
録音方法はいつもと同じのはずなので、本当に若干?ちょっとだけですが透明感が増したような気がしたんですが・・・
でも、録音するたびに結構音は変わるので(爪の状態とか)、偶然かどうかあと数回録音してみて様子を見ようと思います。
演奏の方は、練習不足でお恥ずかしい限りです。(^_^;)
Posted by gonbe at 2013年07月30日 10:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。