2013年10月02日

Sakata-00C-28B Custom

先日のオフ会、皆様本当にありがとうございました。m(__)m

先日から仕事の方で新しいシステムが導入されたりして、ますます仕事量が増え仕事がやり難くなっております。
そんな中、今日は、ようやくゆっくりとした休日になりました。
朝は、アコなびさんのラジオ番組を楽しみました。
ほんわかした優しい語りと興味深い内容に、先日のオフ会の記憶が蘇ってくるようで、久しぶりにくつろいだ休日になりそうです。

話は前後しますが、先日、池ちゃんさんから連絡を頂き、ちょっとディープな場所へご一緒させて頂きました。
ササンさんのブログで既にご紹介されておりますが、ちょっとだけご紹介させていただきます。(#^.^#)

「心に決めたギターがあるんですが・・・(笑)」
「・・・」
「ご一緒させていただきます!(笑)」

こんな感じでいるかさんへ。

全くお役に立てないかもしれないのに、私のような者に連絡を頂いたのですから、私も真剣にケチを付ける気満々で(笑)お店へ向かいました。
道中、車内で今回の経緯や演奏の事などお聞きして、こちらもテンションが上がります。

Sakata-00C-28B Custom


お店でご対面。さっそく弾かせていただきました。
装飾はシンプル・・・音勝負か・・・とか思いつつ、チューニングをしながら音だしを。

最初に手にして感じたのは、不満を感じる箇所が無い事でした。
勿論私の個人的な感覚なので人それぞれとは思いますが、楽器店のギターでは、音や弾き心地で何か不満や物足りなさみたいな感覚を覚える事が多かった(調整の問題もあるかもしれません)のですが、そういうものを感じませんでした。
そして、ギターを弾いていると、なんとも気持ちが良いのです。

こういう感覚は珍しいので、私自身自分を疑い、他のギターも弾かせて頂いて再確認してみたのですが、2回、3回と弾くにつれて、どんどん気持ちよくなり、そのうち手に少しずつ馴染んできたのか、ちょっと離し辛くなりました。(笑)

その結果・・・

最高の笑顔ですね。(*^。^*)

ちょっとだけ小指で背中を触った程度ですが、お役に立てたら幸いでした。
ちなみに、このギター、ペグはロジャース、ケースはカールトンだそうで、よだれが出そうです。(笑)
この素晴らしいギターを見つけられた池ちゃんさんには脱帽ですが、心から入り込めるギターと巡り合えて、本当におめでとうございました。
厚かましいですが、よろしければ、一度録音してみたいと思いました。
また弾かせてくださいね。
おめでとう!\(^o^)/


posted by gonbe at 16:57| Comment(13) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
これはどこのお店でしょうか?

カールトンが付いて居たって事は
ちょっと前の作品ですね。それにしても
癖玉行きますなぁ・・・(笑)
Posted by y@ma at 2013年10月02日 17:19
y@maさん、素晴らしいギターでしたよ。(*^。^*)
2010年のギターで、お店はドルフィンさんです。
カールトンは、前の持ち主の方が付属されたとお聞きしております。
うらやましいですね。(^。^)
Posted by gonbe at 2013年10月02日 17:35
カールトンのケース・・・
保管用としては秀悦ですが、普通の人間が
持って歩ける代物では有りませぬ。
僕は青爺から茶水の駅まで運ぶ途中で
3回ほど捨てようかって思いましたもん。
ちなみに中身は最初の角、コアでした(笑)
Posted by y@ma at 2013年10月02日 19:49
カールトンケースはもともと角が入っていたとか

しかしながら、すばらしいギターですよね
gonbeさんが離されないのがわかりました。

池ちゃんさんgonebbさんの後押しがあったから
いってしまいましたって言ってましたヨ♪

ほんと素晴らしい弾いていたら止まらなくなりました^^

バラニックとは違うベクトルでぐいぐいひきつけられますよね。

sakataギター恐るべし〜

Posted by アラフィフおやじ at 2013年10月02日 21:19
y@maさん
3回も・・・(笑)
確かに、「持つ」と「持ち運ぶ」では、感じ方に相当の違いがありますよね。
でも、カールトンはカッコイイです。(笑)
Posted by gonbe at 2013年10月02日 23:39
ササンさん
いやぁ〜ほんとに素晴らしいギターでしたね。
ギターとの縁もあるのかもしれませんが、今回、ササンさんや池ちゃんさんほどの情熱があれば、こういう素晴らしいギターに出会える事がわかりました。
いや、ギターが人を選んだのかも・・・(*^。^*)

Posted by gonbe at 2013年10月03日 00:03
gonnbeさん、先日は本当にお世話になりました。
感謝、感謝です^^

今回このギターを手にするにあたって、gonnbeさん、ササンさん、otaさんのアドバイスや助言が無ければ踏み切れてたかどうか・・・^^;

皆さんに褒めて頂いて有頂天です〜!! ←ってお前じゃなくてギターだってば!! 

録音!! もう何の問題もないですよ!!
OK!! OKで〜す!! ^0^/
ってか、楽しみ!!
Posted by ナニワの池ちゃん at 2013年10月03日 10:30
gonnbeさん、先日は本当にお世話になりました。
感謝、感謝です^^

今回このギターを手にするにあたって、gonbeさん、ササンさん、otaさんのアドバイスや助言が無ければ踏み切れてたかどうか・・・^^;

皆さんに褒めて頂いて有頂天です〜!! ←ってお前じゃなくてギターだってば!! 

録音!! もう何の問題もないですよ!!
OK!! OKで〜す!! ^0^/
ってか、楽しみ!!
Posted by ナニワの池ちゃん at 2013年10月03日 10:39
ボディのサイズ、形状から考えると中音域が太そうですね。で、興味あがるのはソロ・ギターを演奏したときにベース音域の響き方がどんな具合に聴こえるのかなということでした。もし教えていただけたらありがたいです。
ただそのお話次第ではニューギター欲が刺激されすぎて危ないかもしれないですね(笑)
もともとパーラーサイズのギターが大好きなので。昔弾いたフロッギーボトムの小振りのギターは印象深いです。
Posted by room7013 at 2013年10月03日 22:47
池ちゃんさん
今回、こちらこそ貴重な経験をさせて頂いて、本当にありがとうございました。m(__)m
私もご一緒させて頂いて、また新しい発見や勉強をさせて頂く事ができて、感謝感謝です。
録音・・・是非是非お願いいたします。(*^。^*)
またご都合のよろしい時に・・・楽しみにしております。m(__)m
Posted by gonbe at 2013年10月04日 10:50
room7013さん
小ぶりのギターがお好きでしたら、ちょっと危ないかもしれませんね。(笑)
個人的印象ですが、仰る通り、プレーン弦の音も太いですし、ハイフレットでの単音弾きでも十分な太さと艶がありました。
低音もボアーっとした感じではなく、全体的なバランスも申し分ありませんでした。
音量も十分です。
今度、池ちゃんさんのお許しを頂いて、いちど録音した音源を聴いてみたいと・・・今の楽しみです。
Posted by gonbe at 2013年10月04日 11:09
遅ればせながら、ohtaです。
gongeさん、先日のオフ会ではお世話になりありがとうございました。
あのディープなオフ会の直後にまさか池ちゃんさんがディープなギターを発掘してくるなんてと驚きました。
私も前日に予備試奏員としてドルフィンにいきましたが、それはそれは申し分のないギターでしたですね。
これが良からぬ謎の「熱病」となって伝染しないよう予防しとかなと思いつつ、どこかでは某有名ギターの購入段取りが進んでいるみたいな話も!
いや、私事じゃないですよ、もちろん。
Posted by ohta@bigfoot at 2013年10月09日 17:19
ohtaさん

オフ会ではこちらこそ大変お世話になり、本当にありがとうございました。m(__)m
そうなんです。私もちょっと驚きましたが、お話しを伺って、やはりこの世界は深いと・・・(笑)
でも、本当に素晴らしいギターでしたよね。
もう一つのお話しもお伺いしておりますが、こちらも実現すれば素晴らしいなぁと思いつつ・・・(*^_^*)
Posted by gonbe at 2013年10月10日 10:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。