2012年09月10日

Fujii Guitars 工房へ

昨日、富山に工房を構える"Fujii Guitars"の藤井圭介さんの所にお邪魔させて頂きました。
きっかけは、6月に大阪で行われたオフ会に藤井さんが参加してくださった事でご本人にお会い出来た事と、彼が作られたギターを実際に弾かせて頂く機会に恵まれ、私なりに感じる事があり、是非またお会いして彼の人となりとギターについてもっと深く知りたいと思った事でした。
今回、y氏が間に入ってくださり工房訪問が実現したのですが、こういう機会はなかなかあるものではないと思いますし、大変貴重な経験をする事が出来ました。
改めて、藤井さん、yさん、そしてご一緒させて頂いたaさん、ありがとうございました。m(__)m

さて今回、藤井さんは9月29、30日に開催される「サウンドメッセ in 大阪」に出展されるギターの製作中でお忙しい中でしたが、実際にまだ製作途中で塗装が終了していないギター(SJ)を試奏させてくださいました。

藤井さんのギターは5、6年前から小さなご縁があり弾かせて頂いたことが何度かありました。
そして今年、ルシアーとして独立され、新しいFujii guitarの製作に励んでおられます。
彼はまだ若いルシアーさんですが、間違いなく日本を代表するルシアーさんになるでしょう・・・
そんな事を思いながら彼の最新作を弾かせて頂きました。






帰り際に、仕事場を見せて頂ける事になり、興味津々で拝見させて頂きました。
ちなみに、ここ以外にも作業場があるそうです。

写真いいですか?・・・と尋ねると、
いいですよ・・・と。
ブログで紹介しちゃいますよ(笑)
どうぞ(笑)
普段は無口な方ですが、気さくで真面目、藤井さんの人となりを知ることが出来たのも、私にとっては大きな喜びとなりました。
これからもまたお会いしたいなぁ〜と思いながら工房を後にしました。
機会がございましたら、是非彼のギターを弾いてみてください。

最後になりましたが、私の個人的感想ばかりで乱筆乱文、おゆるしください。


posted by gonbe at 23:53| Comment(10) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月01日

セミハードケース

今日は(も)変な天気で、太陽が出たり、昼ごろにスコール、夕方にもパラパラと降り、綺麗な虹が出ていました。

今日はギターケースのお話を少し。
私はこれまでギルド、マーチンなどのギターをつかっておりましたが、ケースといえばハードケースでして、ギルドのケース、それが壊れてボブレン、TKL?・・・どれも相当な重さがあり、それでも我慢して筋肉痛と闘いながら持ち運んでおりました。
今使っているのはアメリテージですが、これも結構重いのです。(ケース自体はとても良くて気に入ってます)
で、先日のオフ会の時も「もういやっ!」(笑)とか思いながら持っていたのですが、ついに重い腰を上げてセミハードケースなるものを買っちゃいました。
出来るだけ軽くて普通の持ち運びにある程度しっかりと保護してくれそうなケースということで、SDW-100(キョーリツ)を選びました。
ただ、実物を見ていなくてネットで注文するので、サイズ的な事や品質の問題等、多少の不安はありましたが、考えていても仕方がないので、「ももええわ」で、注文。(笑)

それが今日届いたので、感想などを少しお書きしようと思います。
素材は強化発泡スチロール製だそうで、確かに軽いです。
多分、これ2個(3個?)持ってもまだおつりが来るくらいで、ギターを入れてもまだ軽いです。(#^.^#)
強度の方は、普通に持ち運ぶ分には十分だと思います。(巷で噂の投げても車にひかれても大丈夫・・・とはいきませんが)

2012-9-1-01.jpg
で、気になるサイズですが、このケースはドレッド用でボトムの幅が405mmでした。
バラニックのボトムは387mmほどですので、多分大丈夫だろうと思っていましたが、実際に入れてみると、まったく問題なく入りました。
あえて言えば、ボトムで指1本分くらいの隙間があき、多少ギターが動きますが、クロス等を挟むことで解決すると思います。






2012-9-1-02.jpg2012-9-1-03.jpg
内部に関してですが、結構綺麗な内装になっていて、構造的な継ぎ接ぎ部分はなく、段差や接着剤が塗装を痛めるという事も今のところなさそうな感じです。

そういうわけで、バラニック(CX)は問題なく使えそうです。
サイズ的に結構不安を抱えて購入を躊躇されている方もいらっしゃると思いますが、バラニックと同じ位のサイズでしたら多分大丈夫ではないか・・・と思います。
参考までに、バラニックのサイズを載せておきます。
下幅=約387mm
深さ=約108mm
スケール=650mm

posted by gonbe at 18:52| Comment(8) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月18日

おふ、ぱーと2

喫茶店での楽しい時間はあっという間に過ぎ、9時50分から受付開始。
受付で書類を渡され、必要事項を記入していると、二枚目の紳士を発見。
ギターケースがそばに置かれていたので、なんとなくSさんではないかとおそるおそる近寄りご挨拶。
その後、sさんとFさんもご到着され、ご挨拶。
皆さん、遠くから来ていただき、本当にありがとうございました。
多分、私、緊張で顔が引きつっていたかもしれませんが、みなさんの優しい笑顔に救われました。

今回のおふでは、私のわがままで演奏や音だし等の機材が必要だったのですが、これはYさんが一手に引き受けてくださいまして、
マイク、PA機材、マイクスタンドから譜面台に至るまで、大変な荷物を遠方から運んでいただきました。m(__)m
それらを地下の駐車場からエレベーターで部屋まで運び込み、皆さんのギターも運び込んで、やっと入室完了。

会場は本格的なレコーディングルームで、ガラス越しにはミキサールームもありました。
音響的には結構デッドですね・・・とか話しながら、PAの準備を始めます。
私は、録音用のPCとオーディオインターフェイスの準備を始めますが、慣れない接続とソフトの設定にてこずり、周りは見えず・・・(^_^;)
(この辺で写真の一枚も載せたいところですが、舞い上がってたのか、写真を撮る事すら頭から消えてまして、すみません。)
その間、皆さん方にギターや椅子を並べていただいて、そろそろ準備OK?・・・いやいや私まだいっぱいいっぱいです・・・みたいな(^_^;)

さていよいよ開始です。
というか、いつの間にか始まってました。(笑)
みなさんご自由に・・・という感じで集まったギターを味見です(*^。^*)

つづく
posted by gonbe at 23:09| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月17日

おふ、パート1

お待たせしました(^_^.)
とりあえず、音源準備のメドがついたので、6月10日のオフ会、いったいどんな事をしていたのか、少しだけ私の行動を思い出しながら書こうとおもいますが、だらだら書いていると結構長くなりそうなので、数回に分けることにしました。


前日の夜、遅くまで持っていく機材の準備に追われ、毎度の事ながら寝不足気味で起床。
しかしワクワク興奮状態のため、目覚めはここ数年では3本の指に入るくらいの爽快さ。
ギターと機材を詰め込んだバッグを背負って、9時少し前に会場に到着。

今回の会場は、大阪市旭区にある大阪市立芸術創造館というところ。
近くに区役所や郵便局があるものの、すぐ横には川が流れている比較的静かな場所でした。
まだ開場していなかったので、向かいのコンビニで缶コーヒーを飲みながら、しばらくまったりしていると開場の準備が始まったので、勝手に突入。

受付にはまだ誰もいないので、ロビーのテーブルで勝手にくつろいでいると、背後からyさんとYさんが(照)
受付開始にはまだ40分ほどあったので、そのまま向かいの喫茶店でモーニングでも・・・という事になり、本日2杯目のコーヒーを。
オーガニックで少し苦味が効いたアイスコーヒーを飲んでいると、お店の壁にはギターが・・・
毎週土曜日にライブをされているそうで、お店のマスターは私たちのギターに興味津々という感じで、なにやら朝からキテマスネェ〜と思っていたら、お店の外を歩くmさん発見。
お店に連れ込んで4人で再会を喜び合いました。

つづく
posted by gonbe at 01:39| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月13日

オフ会のお礼

6月10(日)にオフ会が開かれました。
集まってくださった皆様、本当にお疲れ様でした。
貴重な時間を割いて来てくださった方々、遠方からの労もいとわず来てくださった方々、
重い荷物や機材を運んで来てくださった方々・・・・
皆さんの力がなければ実現不可能なオフ会でした。

振り返ると、自分自身、反省すべき事がいっぱいあって、不安や後悔でいっぱいでしたが、
あたたかいお言葉をいただいて、また前向きに頑張ろうと思いながらこれを書いているところです。

皆様、本当にお世話になりました。
ありがとうございました。

なお、オフ会については、次回お書きするつもりでおりますが、当日、いっぱいいっぱいだった私、
写真を撮るのも忘れてたようで・・・ソースが無いお好み焼き?いや、マヨネーズか?・・・先が思いやられます。
posted by gonbe at 03:09| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。