2014年03月27日

Catwalk練習日記 その2

前回もお書きしましたが、消費税アップ前の駆込み購入が思っていた以上に凄まじく、職場は繁忙期と化しております。
しかも人員配置は通常通りで、おまけに超過勤務時間の制限から残業出来ない、またはしないように言われている職員がほとんど・・・どうやって時間内に仕事を遂行したらよいのか分からない崩壊状態です。
まぁ、今週いっぱいが山場でしょうが、どうにかするしかありません。

「Catwalk」最後のパートの練習です。
練習の順番を考えると、弾いた回数が最も少ないパートになりますので、まだまだ不安定な箇所も沢山あります。
3つのパートのうち、技術的な面ではパート2が最も神経を使いますが、このパート3もベンドが多用されていて息つく暇がありません。


こういう風にパート別に暗譜がほぼ完了したら、、これからは弾き込みとなります。
それぞれのパートを何度も何度も弾きながら、時々繋げて弾いてみる。
少し形になってきたら、また録音してみるのも良いでしょう。
そこで違和感を感じたら、少し戻って楽譜や演奏の見直しをしながら繋げて弾く回数を増やしていく。
そこから先は終わりの無い旅の様にも思いますが、楽しむのが一番。
ただ、問題はちゃんと弾けるようになるのか?・・・頑張れ、俺!(笑)


posted by gonbe at 02:39| Comment(6) | おと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月22日

Catwalk練習日記 その@

3月も下旬になり、ようやく春めいた日が顔を出すようになりました。
4月から消費税が8パーセントになる影響でしょうか、皆さん駆け込みのお買い物をされる影響でしょうか、仕事の方は例年以上に忙しく、引越しのシーズンも合わさり、職場は火の車状態が続いております。

先日、奈良でohtaさんのバーコウィッツオフがあり、大変お世話になりました。
今回も素晴らしいギターを沢山弾かせて頂きました。
近場でこういう機会を頂けるのは本当に有難い事で、楽しい時間と多くの学びを頂きました。
皆さん、本当にありがとうございました。
月末にはy@maさんオフが大阪で行われる予定ですが、今回はFujiiさんの出来立てほやほやnewギターを弾かせて頂けるとの事で、ワクワクしております。
皆さん、また宜しくお願いいたします。m(__)m

さて、今回はギターの練習について。
10年ほど前になりますが、レンボーンさんの「Catwalk」という曲を必死に耳コピーした事がありました。
採譜したものは楽譜として保管してありましたが、ほぼ10年近く弾いていなかったので、完全に忘れており、私としてはまた一からのスタートとなります。
そういう訳で、練習の記録として残しておこうと思い、これを書いております。

この曲は大きく3つのパートに分かれています。
こういう曲の場合、それぞれパート別に練習するのが良いと思います。
以前採譜した事があるのでナメていた訳ではありませんが、チョロチョロと弾いてみて笑ってしまうくらいの強敵でした。(笑)

楽譜を見ながら弾いてみたのがこれです。

はっきり言って、最悪です。
演奏面は勿論ですが、ノリも何もない、ただ弾いただけの演奏です。
ただ、この時点ではまだそれに気付いていません。
この録音を聴いて初めてその酷さに気付き、改めてオリジナルの演奏を聴きなおしました。
しかし、こういうのが一番やっかいで、演奏面(テクニック的な面)ならば練習すると言う道があるのですが、ノリや表現という事になると、自分で道を探るしかありません。


何回かオリジナルを聴きなおして、とりあえず、テンポの修正、音の切り方や伸ばし方、シンコペーションやタメ・・・etc.
感覚的な部分もあるので難しいのですが、自分が感じた部分を修正して弾いてみたのがこれです。



練習方法としてどれだけの効果があるのかは分かりません。
ただ、昔はがむしゃらに弾くことが練習と思っていましたが、こうして自分の演奏を録音したものを聴く事で、見えなかったものが見えてくるのも事実だと思います。
もし練習で苦労されている方で共感される事がありましたら、是非自分の演奏を録音して聴いてみてください。
そこから学ぶ事は沢山あると思います。

私もまだまだ先は長いですが、頑張れ!俺(笑)

posted by gonbe at 23:10| Comment(12) | おと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月21日

匠の技

久しぶりの更新となりましたが、皆様お元気ですか?
前回は、繁忙期をどう乗り切ろうかと頭の中が一杯でした。
その繁忙期ですが、今回は本当に大変でした。
原因は色々とあるのですが、今回はそれがずーっと後を引き、1月中も半繁忙期状態で、新年のご挨拶も出来ない始末でした。
例年は、1月、2月と徐々に体調と心を平常値に回復させる期間なのですが、今年はそれがなかなか出来ずに、もう2月も終わろうとしています。
このまま夏の繁忙期を迎えると思うと・・・なんともはや・・・(-_-;)

ちょっとぼやきましたが、そんな中でもこんな私に手を差し伸べてくださる方々がいらっしゃいました。


体も心もクタクタの暗黒状態(笑)のある日、師匠から頂いたコーヒー豆です。
私が大好きなグァテマラのシティーロースト、もちろん師匠の手焙煎です。
当時、自分では焙煎する時間もコーヒーを楽しむ心のゆとりも無かった私には、この師匠のコーヒーは心の奥底に染み渡るような癒しを感じました。
こんなコーヒー、お店では飲めません。


師匠の奥様から届いた全身用のクリームです。
こちらも、ご自身でオーガニックの材料を調達されて自作されたものですが、材料を見ても、体の事を考えた愛情が一杯詰まったクリームだと思いました。
例年、冬場は指がひび割れて血を見るのですが、昨年から使わせて頂いたお陰か、今年はひび割れはまったくありませんでした。


これは先日、ギタ友のOhtaさんに作って頂いたサドルです。
とにかく、素晴らしいサドルです!めっちゃ気に入ってしまいました!
ここだけの話ですが(笑)、リペア関係でこれほどの満足感と感動を憶えた事は、これまでありませんでした。
次、もしサドルを作る事があれば、迷わずOhtaさんにお願いします。(^_^)v
詳しい事は、HPの方でご紹介させていただきましたので、よろしければ、そちらもご覧ください。
木の響(HP)http://fsag47.wix.com/kinohibiki


今回、ご紹介させていただいた皆様、心からお礼申し上げます。
本当にありがとうございました。

最後に、今回「匠の技」という題名でご紹介させて頂きましたが、これまでオフ会で色んな方々にお会いして感じるのですが、皆さん、この「匠の技」をお持ちの方々ばかりだという事に気付きました。
勿論、何かを作る事だけが「匠の技」ではありません。
そういう素晴らしい方々とお会い出来て、本当に幸せだと思っています。
そんな事を考えていると、いつの間にか心が軽くなった様です。(笑)
これからも、またオフ会等、宜しくお願いします。(*^。^*)
posted by gonbe at 02:35| Comment(10) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月01日

癒しを求めて・・・

地獄の繁忙期が今日から始まります。(>_<)
というか、10日ほど前からすでに通常の生活とはおさらばしておりましたが、今年は仕事のシステムが変更になった上に、昨年に比べると仕事量が増えているのが明らかなのですが、毎年の如く準備不足(人手不足)の為にアクシデントやトラブルが起こる事が目に見えるようです。
鬼が笑いますが、年が明けて無事に帰還できましたら、ギタ友の皆様、また遊んでやってくださいませ。m(__)m

さて、昨日は道楽に時間を使える最後の日だったのですが、ちょっこら楽器店に行って来ました。
お目当ては、LINDA MANZERさんの「Metheny-Manzer Signature 6」
私にとっては非現実的な値段ですので、本来なら試奏する事すら無いのですが、マンザーさんのギターは過去に何本か弾いた事があったのと、メセニーファンというのもあって、どんな音のギターなのか、どうしても弾いてみてその音が知りたかったというのがありました。
周りのギタ友の皆様の影響(笑)から、私もいつの間にかギター探しの旅に出てしまったようですが、今回試奏させていただいたマンザーさんのギターは、ギター探しの上で、自分にとって今後の基準になるようなギターだと思いました。

こういう素晴らしいギターを弾いた後は・・・そうです。
帰宅して、即、比較となります。(笑)

そういう訳で、まだ見ぬギターの音色に想いを馳せながら、自分のバラニックの音に癒しを求めて・・・

Sheebeg and Sheemor - Trad. arr. by Duck Baker and Stefan Grossman (cover)

posted by gonbe at 04:51| Comment(12) | おと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月20日

サウンドメッセ(2013)とBaranik姉妹オフ

寒くなりました。完全に冬到来です。
バタバタしていると季節の移り変わりにも気付かないのですが、確実に季節は移り変わっていくのですよね。

前回、池ちゃんさんとの録音オフをお書きしましたが、その後、サウンドメッセがあり、こちらも日程が合われた池ちゃんさんとご一緒して来ました。
今年のサウンドメッセでは個人製作家の方々のギターを中心に回って来ましたが、この一年で物凄く大きな前進があったように感じました。
ほぼ一日おりましたが、まだまだ回れなかった所も多く、もう少し時間が欲しかったのですが、それでも今年のギターの素晴らしさは、確実に伝わって来ました。

その興奮の勢いで、先日、ササンさんの所で録音オフ会をさせて頂きました。
ご存知の方も多いと思いますが・・・(*^。^*)そういう訳です。
姉さんに会いに・・・底冷えの古都での熱いオフ会でした。

メッセとオフ会の様子を少しだけですがHPの方でご紹介させて頂きました。

ササンさん、池ちゃんさん、ohtaさん、大変お世話になりました。
ありがとうございました。m(__)m
またやりましょうね(*^。^*)
posted by gonbe at 20:53| Comment(5) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。